高島とは?
 西彼杵郡高島町高島は、平成17年1月に長崎市と合併で長崎市高島町となりました。合併前は面積が1.34kmと日本で一番小さな町でした。以前は石炭の島でしたが現在では観光の町として訪れる人を楽しませています。
高島概図
高島港 美津丸もここにきます。
バス乗り場 高島内を一周するバスです。観光に最適!
石炭資料館 高島炭坑、端島炭坑の資料がずらり!(土日祭日閉館)
テニスコート  
ゲートボール場  
人工海水浴場 キャンプ場もあり、「日本の海水浴場88選」の1つです。
磯釣り公園管理事務所 本島から約300m離れた飛島に、防波堤と橋でむすび、
120mの釣り台を設置して辺り一帯を磯釣り公園にしたものです。
飛島磯釣り公園
グラバー別邸跡 トーマス・グラバーの洋式の別邸です。
10 北渓井坑跡 日本最初の蒸気機関による深さ43mの堅坑。
11 展望台 島内はもとより軍艦島や五島列島、天草も見ることができます。
12 権現山公園 椿や梅、桜、つつじ等が植えられ、四季折々の花が楽しめます。
石炭資料館 高島からみた軍艦島